つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
ワークショップ 報告:女性のための護身術「Wen-Doワークショップ」
11月25日日曜日「女性のための護身術〜Wen-Doワークショップ」が開催されました。

凶悪な犯罪が増える中、私たちは日々、不安を抱えながら生活しています。先日、結果が公表された県政モニターアンケートでは、犯罪被害に遭うのではないかとの不安を71%の人が持っているとの結果が出ました。今回のワークショップの参加者にも、物騒な世の中だから何とか自分をまもる方法を身につけたいという方が目立ちました。

講師の大沼もと子さんから、自分を守るための情報や説明、またストレッチや冷静になるための呼吸法、大きな声の出し方、相手に不意打ちを食らわして安全な場所まで逃げる方法など、さまざまなことを教えていただいた2時間は、あっという間に過ぎてしまいました。

自分を守るために大切なことは、「おかしいな?変だな?」と思った自分の直感を信じること(気のせいだと思わない。)が、とても重要だとのことです。また、攻撃を受けてしまったときでも、自分の力で防御したり、逃げたりすることができることもわかりました。暴力に対して力で対処しようとせず、相手の力を利用することや、大きな声で驚かすことも、とても大きな意味を持ちます。ワークを通して、自分の持っているパワーに気づき、自分で自分を守ることができるのだという自信が持てるようになりました。

今回学んだことが、すべてではありません。しかし、私たちは自分を守るための選択肢が増えたといえると思います。何よりも、行動できる強い自分に出会えたことは、これから先の生き方に十分に活かしていけることでしょう。

眦舁拡子
| tsunagaletclb | 女性のための護身術Wen-Doワークショップ | 23:40 | comments(0) | - | - | - |
ワークショップ 感想:女性のための護身術「Wen-Doワークショップ」
今の世の中いつ自分の身に危険が及ぶかわからない、
いつ被害者になるかわからない。
そんな漠然とした不安から、今回護身術のワークショップに参加しました。

このワークショップに参加するまで、Wen-Doとはどういうものなのか、
普通の護身術とはどう違うのかわかっていませんでした。
講師の先生の前向きな言葉から、女性として自信を持つことの大切さや、
力と力のぶつけ合いをするのではなく、
女性が男性に対抗する術を身につけるべ
きだということを教えていただきました。

私が最も参考になったのは、相手の不意をつくことです。
相手を倒すためではなく、逃げるための護身術ということでしたので、
相手に一瞬の隙を作る必要があります。隙を作るために、
声を使うことの有効性には驚きました。
「キャー」という悲鳴を上げるのではなく、
「ハッ」という低音で相手の意表をつきます。
最初に先生にお手本を見せていただいたときは本当に驚きましたし、
相手の予想を裏切る行動を連続させることが大切だと感じました。

終わってみると2時間という時間はあっという間で、
「もう少しやってみたい!」という気持ちになりました。
今回教えていただいたことを実践する日が来ない方がいいですが、
知識として知っておくべきことを勉強することができたこの機会に、
とても感謝しています。
(岩附あずさ)
| tsunagaletclb | 女性のための護身術Wen-Doワークショップ | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
ワークショップ 感想:女性のための護身術「Wen-Doワークショップ」
初めて護身術の先生を見た時、『えっ、この人が護身術を教える人?』と思った。
小柄で、とても華奢な体つきなのだ。そして、講習を始める時に「今日は、楽しく学びましょう」と一言。
自分の身を守る術を練習するのに、楽しく勉強するのは相反するのでは、と疑問を抱きつつも講習の面白さにどんどん引き込まれていった。

まず『変だな』と感じた時には、やはり第6感が働いてどこかで狙われているかも知れないとのこと。その危険を察知する能力も、自分を守る為のレーダーなのらしい。
そして、練習の際に先生が発した声の大きさと動きの素早さに本当にびっくりした。
練習の相手をした人は、あまりに驚いてしばらく動けなかった程だ。
まさか、自分はそんな声が出る訳がないと思って練習していたのに「ハァーッ!」と大声を出した時には、身体の底からすっきりした感じだった。
こういった護身術を出来れば、使わないで済む世界であって欲しい。
だが、こう毎日犯罪がニュースを賑わせているようでは、やはりセルフ・ディフェンスを学ぶしかないと思った。

最後に、先生から「情報を得て選択肢を持つことは決して損にはなりません」と言われた。護身術の真意まさにこの言葉に集約されていると感じた。
最初は半信半疑だったけれども、楽しくそしてストレスも発散出来た実り多いワークショックだった。
洲崎 みどり
| tsunagaletclb | 女性のための護身術Wen-Doワークショップ | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
ワークショップ 写真:女性のための護身術「Wen-Doワークショップ」
平成19年11月25日(日曜日)に
女性のための護身術が開催されました。


護身術081125-1
講師の大沼もと子さんを囲んで。

護身術081125−2
実技は、気合いっぱいで!
| tsunagaletclb | 女性のための護身術Wen-Doワークショップ | 20:00 | comments(0) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE