つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
情報開示ワークショップ 報告:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
タイトル情報開示ワークショップ「信頼と資金へつなげる、確かな発信」
講師川北秀人(IIHOE代表)/荻上健太郎(日本財団 CANPAN事務局)
と き2008年9月20日(土曜日)午後1時30分から5時
2008年9月21日(日曜日)午前9時から12時30分
ところつながれっとNAGOYA 交流ラウンジ
プランなごや21目標1:意思決定・政策立案過程への女性の参画
目標4:家庭・地域生活における男女の自立と共同参画
コーディネーター伊藤 静香

9月20日、前夜に台風が通過するという状況の中、
講師が無事に名古屋におこしになれるだろうかとひやひやしながら、
気象情報とにらめっこし、迎えた「情報開示ワークショップ」の当日。
台風一過のさわやかな青空がひろがり、
川北さん、荻上さんのお二人の講師は時間通りに名古屋に到着しました。
40名近いお申込み者もほとんどキャンセルもなく、ワークショップは無事に開かれました。

20日「理論編」のワークショップでは、
「信頼と資金につながる、確かな発信」というタイトルどおり、
市民活動やNPO団体の活動が社会で「信頼」を得られ、
助成や寄付などの「資金」を受けやすくするためには、
誰に、どのような情報を発信すれば実効性が得られるのかを
実際に自分の団体の情報と向き合いながら作業をし、考える時間となりました。

このワークショップの内容は、
講師の荻上さんのブログで、詳しく紹介されています!


3時間30分という長丁場にもかかわらず、「時間が短い」という感想がいくつかあったことも、
ワークショップがいかに充実したのものであったたがわかります。

21日は、「実践編」です。
実際にパソコンで、自分の団体の情報を、CANPANのシステムを利用してウエブから発信する作業をしました。
入力作業がスムーズに行くように、参加者の皆さんには前もって、
団体情報シートに入力すべく情報を、準備してきてもらいました。
細かな作業の宿題をみなさんはちゃんとやってきてくださっていて、熱心さに頭が下がりました。

説明を聞きながら、同時進行で入力してデータベースに登録するので、
「簡単にできたうえに、とても達成感があった」と感想をいただきました。
休憩の後は、さらにステップアップして、ブログも開設。
収穫物の大きさに参加者の方も十分満足されたようすです。
このような作業は、あとで家に帰ってやろうと思ってもなかなかはかどらないものです。
最初の一歩を後押しするこの講座の成果は大きかったと思います。

伊藤静香
| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |
情報開示ワークショップ 感想:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
1. 情報開示の意味
今回の講座を受けるにあたって、一番重視していたのは、ポータルサイトCanpanの運用方法についてだった。なぜ情報を開示しなければならないのか?という点についてはあまり注目していなかったのだが、講座の受講によってその重要さとCanpanサイトとの関係が焦点を結んだ。
普段、周囲の人に「NPOで働いている」というと、「それってボランティア?」とか「なんか、すごいね・・・」というような、ともすれば腫れ物にさわるような扱いをうけることもしばしばだった。「宗教か自己啓発セミナー」のような印象を持つ人もいたかもしれない。私自身も、参画プラネットについて明確に説明することができずにいた。こういった状況は他でもあるのだと、IIHOEの川北さんもおっしゃっていたし、他から耳にすることもあった。
だから情報開示をしっかりと行い、何かしら社会的な意義を持って活動しているという偽りの無い具体性を示すことは非常に重要だ。それは市民へ安心感を与えるだけでなく、助成金を出す側への大きなアプローチにもなるということがわかった。

2. ワークショップ
自分の団体の活動目的・概要・実績について書き、他の団体の方に見てもらうというワークの中で、私は「目的がわかりにくい」との指摘を受けた。確かに、自分の書いた目的は、おおざっぱで誰に向かってかかれているのかぼんやりとしていた。特に「男女共同参画の理念」という言葉を用いたのだが、そもそも「男女共同参画とは何か?」と思う人は大勢いるだろう。他の団体の方のシートを見ても、読めば読むほど具体性が気になり、まったくその分野に関係の無い人が見ても、瞬時に意味を飲み込めることが大切であることがわかった。いつ、どんな活動を、どこで行ったか?成果はどうだったか?を具体的に提示できることが重要であると思った。

3. 今後について
私が実際に情報開示の内容に直接関われる部分はほとんど無いと思う。しかしCanpanやその他参画プラネットが関わるサイトに何らかの情報を掲載するときには、「見せ方」の部分でどれが最適であるか、考えながら作業を行っていこうと思った。
そのために、他サイトを常にチェックし、レイアウト、リンクのさせ方、どんな情報を公開しているかなどネタのストックをしておきたいものだ。
(小西早苗)
| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 21:45 | comments(0) | - | - | - |
情報開示ワークショップ 感想:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
9月20日(土曜日)・21日(日曜日)につながれっとNAGOYAにて開催された「情報開示ワークショップ」に参加しました。
 第一部、第二部共に3時間半という長い時間に開始前は集中力がもつだろうかと、かなりの不安がありました。
 講師の川北先生による第一部の理論が始まり、配られたレジュメに並ぶ難しい漢字や聞き慣れない言葉に最初は頭がグルグルと回り始めましたが、川北先生のテンポよい話や時折交わる冗談に会場からも笑い声が聞こえる等、和やかな雰囲気の中、ワークショップは進んでいきました。
 中盤は自分の所属団体の活動目的や設立主旨、活動概要等をまとめ、他団体の方々に見てもらい疑問点を書き出してもらうワークショップを行いました。
 20分という短時間でまとめるという作業は各テーブルからため息が聞こえる程、難しく、実際に私も半分程度しか書くことが出来ませんでした。
 文章で表現するのが難しく、この表現なら分かってくれるだろうと自己満足で書いてしまった部分には他団体の方々からするどい指摘があり、相手には全く伝わっていない事が分かりました。
 参加者の中から挙がった「代表者以外の人が短時間で書き上げるのは難しいのではないか?」との問いに、「代表者や一部の人だけが知っているのは、情報開示されていないからです。団体のすべての人が使える団体情報を一度作ってしまえば、その後は誰にでも短時間で書き上げる事は出来ます。」との川北先生の言葉を、ワークショップを通して身もって感じる事が出来ました。

第二部の実践は、前日のワークショップを踏まえ日本財団の荻上先生による日本財団の団体情報やCANPANの説明等からはじまり、その後、実際にCANPANを使った団体の情報開示やブログ作成を体験しました。
今までの私の登録やブログに対するイメージは、個人情報の流出や匿名を使った誹謗、中傷等のマイナスイメージやシステムが複雑で分かりにくいのではないかという思いがありましたが、CANPANでは実名主義であること、クリック後すぐに登録をされるのではなく、一度CANPAN事務局での承認が入る等、安心に登録、使用出来るシステムになっていることを説明してもらいました。
ブログ作成では、みんなが自分のイメージにあったブログの雛形探しに必死になってしまい、荻上先生から「後で雛形は変更できますので、後程ゆっくり選んで下さい。」と言われてしまう程、時間を忘れ真剣に取り組んでいました。
団体情報開示システムの入力では、事前に記入したシートを元に入力をしましたが、どうすればさらに解りやすい表現になるだろうか悩みながら、休憩を取らずに入力作業に没頭されている方も見えました。
情報開示の段階によって星印の数が増えていくという事なので、今後の開示作業の励みにもなり、客観的に団体の比較が出来ると思いました。
(内藤 志野)
| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 21:41 | comments(0) | - | - | - |
情報開示ワークショップ 参加者の感想:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
たちあげ、歩き始めて2年目のヨチヨチ歩きの子育て支援グループです。
「現場に来てくださいよ。いくらでも私達のおもいをお話しします!」と、
こんな言葉を外部に向け何度も言ったように思います。
でも、力のある発信とは「おもい」を熱く語るだけでは全く不十分なんですね。
大切な「おもい」だからこそ、的確に文章化され、データや記録と共に
誰でもいつでも目にすることが出来る、そんな発信の大切さに気づきました。
又、講師の方の話、進め方もとてもわかり易く、しかも面白い!
とても楽しく学ぶことが出来ました。ありがとうございました。

子育て支援グループまぁーる
宮村登美子
| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
情報開示ワークショップ 感想:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
今回のワークショップのテーマは、市民活動団体(NPO)にとって効果のある「情報開示」について。「情報開示」という言葉だけを取り上げると一見小難しそうですが、その目的は、団体の活動や目的を明らかにして具体的に発信し、他者の共感と、活動の広がりへつながる資源(お金や人材、さらには他団体との協働など)を得るためのもの。

今回、IIHOEの川北秀人さんをお招きしてのワークショップでは、それがいかに大切な基本であり、また市民活動団体の弱いところでもあり、自分たちの活動に何が不足しているのかを実感する時間となりました。

どうやったら効率よく、効果的に発信ができるのか、ということにもっぱら関心を持って臨みましたが、結果として分かったのは、まず自分たちの足元をもう一度見直すことの必要性。自分のことが客観的に分かっていなくては、当たり前だけど「どう届けるか」を考えても効果は望めないのですから。ワークショップを通して、わたしがいかに(定款や規約に書かれている常套句ではなく)「自分の言葉」で、自らの活動を整理して語れずにいるか、そして団体の内部での共有を確認できていないか、ということに気付きました。
さらに、その情報をいったいだれに向かって届けるのか。発信する情報が、果たして受信する側が望んでいる情報かどうかを、受け止める人たち(受益者、資金提供者、活動賛同者)の視点で検証できているか。これも、怪しいところがあるなぁ、と思いながら、川北さんのお話を伺いました。

驚いたのは、川北さんが具体的に、自身が活動するIIHOEの活動の発信方法、発信手段を取り上げて説明してくださったときの、その「開示度」の高さ。さすが、有言実行!と、その徹底した姿勢、自らに問う厳しさに心を打たれました。言うだけなら実に容易いのですから。しかし、それらの具体的な項目を、初めだけは面倒でもきっちりと整理をし、後はデータとして丁寧に積み重ねていくことで、団体の内部での共有(特に新人に対して)が容易になることや、外部へ発信するときの信頼度もぐっと高まると言われたメリットには、なるほど、と納得できました。

今回学んだノウハウや、ワークショップをとおして発見できたことを取り入れて、早速、できるところから団体の活動に反映していきたいなと思っています。聞いたことを「いい話だったなぁ」だけで終わらせることだけはしないように。
(中村奈津子)
| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 21:10 | comments(0) | - | - | - |
情報開示ワークショップ 写真:「信頼と資金につなげる、確かな発信」
9月20日情報開示ワークショップを開催しました。

講師の川北秀人さん(IIHOE)
9

講師の荻上健太郎さん(日本財団)


「信頼を得る情報とは?」川北さんからお話を聞きました。


自分の団体の情報について実際に書いてみました。


参加者のみなさんは、真剣そのもの!


グループワークでは、お互いにコメントし合いました。

 
なごやかな雰囲気でグループワークが進みました。


発表!グループで話し合ったことを全体で共有しました。



| tsunagaletclb | 情報開示ワークショップ「信頼と資金につなげる、確かな発信」 | 20:50 | comments(0) | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE