つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
報告:講演会「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」
タイトル講演会
「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」
講 師多崎恵美子
(手あみ生涯学習グループ代表)
と き2009年6月27日(土曜日)午後1時30分から3時
ところつながれっとNAGOYA セミナールーム1
プランなごや21目標6:国際社会における男女共同参画 
目標6−3:環境問題への男女共同参画
コーディネーター高島 由美子


6月27日土曜日エコクラフト〜もったいないを家庭から〜講演会が開催されました。

手編み生涯学習グループ代表の多崎恵美子さんをファシリテーターに、名古屋市環境局ごみ減量部 鬼頭さん、NPO法人中部リサイクル運動市民の会 和喜田さんから、名古屋市のごみ事情に関する説明がありました。

名古屋市のごみはどのくらい減り、どのようにリサイクルされているのでしょうか。ごみの分別に取り組んだ結果、回収された資源。その後のゆくえ。なかなか知る機会のない現状を知ることで、環境への関心がさらに高まりました。参加者からの意見や質問もあり、活発な議論がなされました。

ごみ減量から、ごみ発生抑制へ。名古屋市の取り組みは第2ステップへ進んでいます。と同時に市民活動の段階も、リサイクルからリユースに移行しています。そして、モノを買う私たちには、常にエコを意識した消費活動が求められています。モノを買いすぎない。一度買ったモノは長く使う。使い切る。環境への配慮は心がけひとつです。

行政、市民活動団体、家庭。それぞれの立場からの取り組みや提案により、私たちが、自分たちの環境を守るために、どう行動したらよいか具体的にイメージすることができました。
「持続可能な社会」をつくるための方策は何なのか?「循環型社会」を支えるための役割は何なのか?自ら問い直し、社会全体が手を携えて、子どもたちの未来をつくっていくこと。大切なことを学んだ1日でした。
(高島 由美子)
| tsunagaletclb | 講演会 エコクラフト〜もったいないを家庭から〜 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |
写真:講演会「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」

講演会 エコクラフト〜もったいないを家庭から〜
| tsunagaletclb | 講演会 エコクラフト〜もったいないを家庭から〜 | 20:00 | comments(0) | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE