つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
報告:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」
  
タイトル 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」
と き 2011年6月11日(土曜日)
午後1時30分から3時
ところ つながれっとNAGOYA 交流ラウンジ
国の基本計画との関連 第1分野:政策・方針決定過程への女性の参画の拡大
第4分野:雇用等の分野における男女の均等な機会と待遇の確保
第5分野:男女の仕事と生活の調和
名古屋市基本計画との関連 目標3:方針決定過程への女性の参画
企業・教育機関・団体等における女性の方針決定過程への参画促進
目標4:雇用等における男女平等
雇用等における男女平等の推進・啓発
女性の職業能力開発と就業支援
男女労働者が働き続けるための子育て・介護支援
コーディネーター 内藤志野

6月11日(土)講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」を開催しました。 61の企業が参加している中部ダイバーシティNetとの共催、内閣府男女共同参画局の後援を受けての開催となりました。

資生堂のコマーシャルソングが流れる中、講師の株式会社資生堂 代表取締役執行役員副社長の岩田喜美枝さんが登壇。経済分野での女性活躍力を考える講演会がスタートしました。
 
はじめに、3月11日におきた「東日本大震災」から3ヶ月ということで、資生堂が行っている支援として、社員のボランティア活動の様子や情報提供の内容が紹介されました。企業が社会のために動くことの重要性を実感しました。

さらに「女性は、もっと活躍できる」をテーマに、企業における女性の活躍力、支援の必要性の話へと続きました。
「企業が生き残るためには、市場のニーズを理解し、変化への対応に強い組織でなければならない。」「社員の多様性は様々な視点から市場のニーズをとらえやすい」、また「新しい価値観、異なる価値観の摩擦、対立は新しい物を生む力」と話されました。

次に岩田さんがどのようにしてキャリアを作られたかに話が展開。
何度かの転勤、異動を繰り返された岩田さんですが、異動は不本意で決して嬉しいものではなかったそうです。
「無駄な仕事はない、必要とされている仕事」と自分に言い聞かせ、キャリアを積まれていきました。また、お子さんが小さかったころのエピソードも交え、育児とキャリアアップの両立は「欲張らず自分にとって大切なことを優先し、その他のことは諦めて割り切っていた。」とも話されました。

続いて、共催団体である中部ダイバーシティNet、株式会社デンソーの西野さんより中部ダイバーシティNetの紹介をしていただきました。

最後は、参加者から岩田さんへの質疑応答の時間となりました。
育児休業が終わり仕事に復帰するという参加者に、「体調を崩さないよう、まずは自分の体を大切に。周りに感謝しながらお仕事を頑張ってください」とエールを送られていました。

女性だけではなく、働いている全ての人たちが「私たちは何のために働くのか?」という原点をみつめ直し、明日からのキャリア形成へのヒントを得た講演会となりました。
これからも「毎日が宝さがし」の気持ちでキャリアをつくっていこうと思いました。
(内藤志野)
| tsunagaletclb | 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | 23:58 | comments(1) | - | - | - |
感想:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」

頭と心の中にあったもやもやとした霧を吹き飛ばしてくれる、しなやかで力強い講演でした。

 

厚生労働省の局長まで勤め上げ、現在は資生堂の副社長。そんな肩書きから自己主張の強いバリバリのキャリアウーマンを想像していましたが、壇上に現れたのは非常に物腰の柔らかいたおやかな女性でした。

 

「女性の『活用』と『活躍』はどのように違うでしょうか。」

「活用」とは国や企業が主役で、女性を「量」として捉える考え方。

「活躍」とは女性が主役で、女性の「質」を重視する考え方。

私は「活躍」したいと思いつつも、いつのまにか「活用」を会社に求めていたように思います。

 

子どもが生まれてからは、仕事をやりたい気持ちと十分にできないもどかしさ、そして育児と仕事の両立に伴う余裕のなさに日々ジレンマを感じ、仕事を続けていくためには仕事が好きでも育児に軸足を移すべきではないかと悩んでいました。

しかし、岩田さんはおっしゃいます。「両立は可能」と。

こつは「欲張らないこと」。自分にとって大事なこと、「キャリアをつくること」と「子どもを健やかに育てること」を優先しその他を諦める。とても潔いです。

 

キャリアは仕事自体がつくるもの。

そのためにも、「育児中は仕事をしないことを認める」から「育児中も仕事をすることを支援する」へと働き方のスタンダードを変える必要があること。

思想としてすとんと腑に落ちるだけでなく、実践されている方の言葉だからこそ重みがあり、心を揺さぶられました。

 

質疑応答後、最後に岩田さんは感謝の言葉を述べられました。

「質問をしてくれてありがとうございました。このような反応があるおかげで講演がよいものとなります。」

強いだけではない。人間的に魅力的な人だからこそ、ここまでの成功を納められたのだと感じました。
(Umemura)
| tsunagaletclb | 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | 21:59 | comments(0) | - | - | - |
感想:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」


今回の講演会の壇上にお花を飾るにあたって、今の季節にぴったりな紫陽花を選びました。
梅雨空の中で、紫陽花は私たちの目にさわやかさを感じさせてくれます。
やさしい色合いのアレンジメントで自然で心和む雰囲気を作りたいと考えました。
(食空間コーディネーター 服部紀子)
| tsunagaletclb | 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
写真:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」

講師の岩田喜美枝さん





講演会の様子 熱心に資料にメモを取っている姿も見受けられました










 
岩田さんの壇上には、梅雨の季節に輝く紫陽花で作ったアレンジを飾りました。
| tsunagaletclb | 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | 20:59 | comments(0) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE