つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< シンポジウムを終えて(主催者から) | main | 写真:ワークショップ「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜 >>
報告:男女共同参画の視点で考えるCSR
タイトル男女共同参画の視点で考えるCSR
と き2010年6月26日(土曜日)午後2時から
ところつながれっとNAGOYA 交流ラウンジ
プランなごや21目標5:労働における男女平等
コーディネーター内藤志野


6月26日土曜日、名古屋市男女平等参画推進センター市民交流事業、シンポジウム「男女共同参画の視点で考えるCSR」を開催しました。
この日は、6月23日から29日まで内閣府が定める「男女共同参画週間」に合わせて「つながれっとまつり2010」が開かれました。メイン事業として実施されたのが、2010年末までの成立が見込まれている国際規格「ISO26000」に組み込まれている男女共同参画の視点について考えるこのシンポジウムです。

前半の基調講演ではダイバーシティ研究所の田村太郎さんより、「社会責任とCSR」、「ISO26000とは何か?」、「男女共同参画とCSR」などについてお話をいただきました。

後半のトーク&トークでは、田村さんと村田さんおふたりにご登壇いただき、冒頭に株式会社ピー・エス・サポートの村田元夫さんからCSRの事例紹介をしていただきました。その後、会場の参加者を交えて、自治体、市民ができることの提案や、質問・意見交換が活発に行なわれました。

シンポジウムでは、消費者である私たちが企業の良し悪しを判断する一つの材料として、収支(経済的側面)だけではなく、今後は社会的側面や環境的側面への取り組みもふまえた「企業や組織の社会的責任(CSR)」の視点から見る必要があるということを考えるきっかけとなりました。
(内藤志野)
| tsunagaletclb | 男女共同参画の視点で考えるCSR | 23:55 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE