つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 中間報告:ワークショップ「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」 | main | 写真:「みんなで遊ぼう!夏の3日間」 >>
報告:ワークショップ「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜
タイトルワークショップ「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」
と き第1回 2010年7月8日(木曜日)午後1時30分から3時30分
第2回 2010年7月22日(木曜日)午後1時30分から3時30分
第3回 2010年8月12日(木曜日)午後1時30分から3時30分
第4回 2010年8月26日(木曜日)午後1時30分から3時30分
ところつながれっとNAGOYA つながれっとNAGOYA セミナールーム1
プランなごや21目標6:国際社会における男女共同参画
方針6−3:環境問題への男女共同参画
コーディネーター高島由美子


「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」ワークショップ全4回が終了しました。今回の講座は、布ぞうり、作務衣づくりに限られたものではなく、使わなくなってもったいないと思うものを再生させることが目的です。裁縫が得意でなくても出来るよう、解いたり切ったりせず、なるべく元の形を活かして使えるモノになるよう、多崎先生にアドバイスをいただきつつ、工夫を凝らしながら作業していきました。

小さくなった息子のTシャツや、娘のゆかた、夫のネクタイなど、一度はごみ袋に入れられてしまったものが引っ張り出され、指編みのマット、夏物の寝巻き、テーブルセンターなどに生まれ変わっていきます。まるで命を吹き込まれたかのようです。

「今ある使えそうもないモノを、また、使えるモノに変えることができるのは、とても素敵なことだと思います。」
「引越しをしたところ、着ていない衣類、着物、使っていないものが多く出てきました。今、時間ができたので参加したのですが、とてもいい刺激になりました。」
など、受講者からも満足の声が届いています。

使い捨ての生活を見直すことで、環境問題への関心も高まりました。手しごとは癒しの効果もあるとのことで、心にも地球にも優しいワークショップを開催でき、有意義な時間を過ごすことができました。受講者の中には、初めてセンターに来館された方も多く、センターを知っていただくきっかけとなりました。また、新しいつながりは、さらに「エコの輪」を広げていくことでしょう。
(眦舁拡子)
| tsunagaletclb | ワークショップ「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE