つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 感想:防災は、あきらめない力 | main | 写真:つながれっとシアター『リリィ、はちみつ色の秘密』 >>
報告:防災は、あきらめない力
タイトルワークショップ「防災は、あきらめない力」
と き2010年9月5日(日曜日)午後1時30分から3時30分
ところつながれっとNAGOYA つながれっとNAGOYA 交流ラウンジ
プランなごや21目標4:家庭・地域生活における男女の自立と共同参画
コーディネーター内藤志野


9月5日、「防災は、あきらめない力」を開催しました。

講師の財団法人横浜市男女共同参画推進協会の常光明子さんは、自分や自分の大切な人が暮らし、働き、成長するまちを安心・安全なものにするためには、男女共同参画や女性の視点をまちづくりにいかすことが大切であるという思いから、護身術、医療や住まいなどのセミナーを開催してきました。
その中の身近な安全網として「女性の視点からの防災」をテーマにした事業についての取りくみをお話しいただくことからはじまりました。

前半は知ることから始めようということで、阪神・淡路大震災で女性が経験した災害リスクを話していただきました。
震災での犠牲者数は男性より女性が多かったこと、震災後の経済状況の悪化で多くの女性パート労働者が解雇されたこと、避難所での切実な不安やストレス、女性や子どもを狙った性暴力や犯罪の報告があったことをお話をしていただきました。

後半のワークショップでは、参加者が5人1組でグループを作り、まず「地震だ!まず、なにをする?」、「そのとき自分に必要な防災グッズは?」について、付箋に書き出しグループ毎にまとめました。
次にこれから3日間を生き抜くために必要なものとして、「自分にはなにが必要?」、「もし外出先で被災したら何だけはないと安心できない?」など、イメージをふくらませていろいろと考えました。
水、食料、着替えなど多数が必要とするものや、メガネ、薬など個人が必要とするもの、物ではなく正確な情報が必要といった意見もあり、人によって震災の時に必要なものが違うことが分かりました。

第3次男女共同参画基本計画では、被災・復興状況における女性をめぐる諸問題を解決するため、男女共同参画の視点を取り入れた防災体制を確立することが目標とされています。
普段の生活の中で男女共同参画を意識することが地域のつながりを強め、自分が震災にあったら?とイメージすることが防災力を強めるきっかけになるのではないかと思います。
(内藤志野)
| tsunagaletclb | 防災は、あきらめない力 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE