つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< ワークショップから:落語口演会&ワークショップ「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」 | main | 報告:落語口演会&ワークショップ「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」 >>
感想:落語口演会&ワークショップ「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」

3月6日に開催した「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」を企画した担当者として、感想を寄せます。

今回の企画は、ひょんなことから知り合った千金亭値千金さんこと、阪本真一さんに「男女共同参画落語&ワークショップ」をぜひ名古屋でとラブコールを送り実現しました。笑いの世界を代表する「落語」とお堅いイメージの男女共同参画のコラボによって、思いもかけない面白いことがおきそうです。

予想通りいくつかのエピソードが。

■エピソード1「落語演芸会じゃないの?」
タイトルに「落語」とあったので、芸人さんが演じる落語演芸会だと思っていらっしゃる方が何人もいらっしゃいました。主催者にとっては、こういう方々は大歓迎のうれしい参加です。なにしろ、「男女共同参画」というタイトルでは、まず男女平等参画推進センターの事業には、間違ってもきません。でも、間違ってきてくださったのです。「なあんだ、落語じゃないの」と、失望される方もいらっしゃったかもしれませんが、アンケート結果では、ほとんどの方が「大満足・満足」されていることからみると、まんざらでもなかったようです。値千金さんは、「自分はあくまでも素人」だとおっしゃるけれど、語りは滑らかで、なかなかのレベルです。落語は、もともと社会に起きていることを面白おかしく語ることで、社会の課題を市民にアピールする社会風刺でもあるように思います。だとすると、この値千金さんの落語もりっぱな「落語」だと思います。

●エピソード2「ワークショップこそ醍醐味」
ただ落語を聞いておしまい、ではないところが、値千金さんのプログラムの素晴らしいところです。グループになって、落語の演目テーマを、さらに自分の身近な問題として捉えるようなワークショップを行いました。今回は、「ジェンダー・ハラスメント」がテーマです。「落語」の空想の世界で語られたことに対して、参加者が自分の身近に起こっている事例を出しながら、社会の課題として捉えるような機会になっていました。

わたしのグループでは、こんな話がやり取りされました。グループのみなさんは、ほとんど「落語」が目当てで参加されており、「男女共同参画」も「ジェンダー」も知らない方々でした。「自分が事業主だったときには、女性だからこの仕事、男性にはこの仕事と、性別で仕事を決めていたのが当たり前の時代だった。だから、女性社員には当たり前のようにお茶くみをさせていたし、なんの不思議もない」とおっしゃる年配の男性。確かに、私自身も25年前には職場で女子社員だけ早く来てお茶の用意をする「お茶当番」を経験しました。そんな話をすると、「わたしの職場では今でもしています。わたしは、今日ここに来るまで、それが当たり前だと思っていました。でもそれっておかしなことなんですね。知ってしまいました」と、若い女性が笑いながら言いました。知らないことが差別を生み、鈍感になる。まずは知ることが重要だと私は思います。「知ってしまいました」という女性の言葉にこそ、今回の事業の成果を感じさせます。

▲エピソード3 「参加者同士の共有で新しい発見が」
グループワークの最後には、全体で話し合ったことの共有時間をもち、自由に発言をしました。参加者同士が自由に発言し、意見を共有することで新しい考え方に出会うこともあるようです。わたしとご一緒した例のご年配の男性が「わたしの時代には、女性だからという理由でお茶くみをさせていたし、それが当たり前だった。でも、自分の孫の時代には男女共同参画社会になっていてほしいと思う」と、全員の前で発言されたのです。これには、びっくりです。グループワークのときには、しきりに「わしの時代には・・・」を連発されていたのですから。きっと、いろいろな考え方に触れて、その方もまた何か思うところがあったのでしょう。こういう場に出会うと思わず「ブラボー!」と歓声をあげたくなります。一番うれしい瞬間です。

今回のような市民交流事業は、男女共同参画社会の推進が身近な問題であり、わたしたちの生活に必要なことだと、より多くの市民の方々に感じていただくことがねらいの一つでもあります。「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」を開催したことで、一人でも多くの市民の方々が男女共同参画社会をイメージできたらうれしいです。(伊藤静香)

| tsunagaletclb | 落語口演会&ワークショップ「しかくい社会をまるくする、さんかく落語」 | 22:54 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE