つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 講師からのメッセージ:「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」 | main | 報告:「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」 >>
中間報告:「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」

5月24日(火)から「声からはじまる、自己表現」講座が開催されています。


第1回は、講師の早川けいさんの自己紹介の後、講座への取り組み方についてお話がありました。「上手い下手ではなく、それぞれの個性を大切にした読み方をする。」「自分のカラを破り、もうひとつの自分になって表現する。」「相手にわかりやすく読む。」それが講座の目的である自己表現力とコミュニケーション力を高めることへつながっていきます。


その後、発声、滑舌、アクセントなど基本的な声の出し方のレッスンに入りました。私たちは、普段、多数の人に向かって声を出す機会はそれほど多くありません。実際に声を出してみると、人に伝えるための声を出すことは簡単ではないことがわかりました。


第2回は、前回と同様の発声練習の後、「自分の声を聞いてみよう」ということで、耳に手を当てて声を出してみました。受講者の中には「自分の声がこんな声だと思わなかった」という人も。意外に自分の声を知らない日常に、新しい発見がありました。


そして、読み方(朗読、読み聞かせの場合)の表現テクニックについての講義の後、声による喜怒哀楽の表現の練習をしました。現役俳優である早川さんならではのレッスンといっていいかもしれません。様々な具体的状況設定の中で「本当?」「やめてよ!」「おかあさん」のせりふを言ってみます。大勢の前で感情をこめて言うのは、勇気の要ることですが、多くの受講者は、楽しんでトライしている様子でした。


第3回からは、いよいよ「つながれっとまつりのステージ」に向けて、詩の朗読レッスンに入ります。自分の可能性を発見して人生を実り豊かにするための、わくわくドキドキが始まります。どんな練習、どんな発表になるのか今から楽しみです。


つながっとまつりのステージ発表については、こちらから→
http://tsunagalet-club.net/event2011/event110625.html
http://tsunagalet-club.net/event2011/matsuri110625.html
(眦舁拡子)

| tsunagaletclb | 「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」 | 22:50 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE