つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 感想:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | main | 報告:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 >>
感想:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」

頭と心の中にあったもやもやとした霧を吹き飛ばしてくれる、しなやかで力強い講演でした。

 

厚生労働省の局長まで勤め上げ、現在は資生堂の副社長。そんな肩書きから自己主張の強いバリバリのキャリアウーマンを想像していましたが、壇上に現れたのは非常に物腰の柔らかいたおやかな女性でした。

 

「女性の『活用』と『活躍』はどのように違うでしょうか。」

「活用」とは国や企業が主役で、女性を「量」として捉える考え方。

「活躍」とは女性が主役で、女性の「質」を重視する考え方。

私は「活躍」したいと思いつつも、いつのまにか「活用」を会社に求めていたように思います。

 

子どもが生まれてからは、仕事をやりたい気持ちと十分にできないもどかしさ、そして育児と仕事の両立に伴う余裕のなさに日々ジレンマを感じ、仕事を続けていくためには仕事が好きでも育児に軸足を移すべきではないかと悩んでいました。

しかし、岩田さんはおっしゃいます。「両立は可能」と。

こつは「欲張らないこと」。自分にとって大事なこと、「キャリアをつくること」と「子どもを健やかに育てること」を優先しその他を諦める。とても潔いです。

 

キャリアは仕事自体がつくるもの。

そのためにも、「育児中は仕事をしないことを認める」から「育児中も仕事をすることを支援する」へと働き方のスタンダードを変える必要があること。

思想としてすとんと腑に落ちるだけでなく、実践されている方の言葉だからこそ重みがあり、心を揺さぶられました。

 

質疑応答後、最後に岩田さんは感謝の言葉を述べられました。

「質問をしてくれてありがとうございました。このような反応があるおかげで講演がよいものとなります。」

強いだけではない。人間的に魅力的な人だからこそ、ここまでの成功を納められたのだと感じました。
(Umemura)
| tsunagaletclb | 講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 | 21:59 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE