つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 中間報告:「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」 | main | 写真:講演会「女性の活躍力発揮!中部地方から経済活動創造へ」 >>
報告:「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」
タイトル 連続講座「声からはじまる、自己表現−つながれっとまつりのステージに向けて」
と き 2011年5月24日(火曜日)
午前10時から12時
2011年5月31日(火曜日)
午前10時から12時
2011年6月7日(火曜日)
午前10時から12時
2011年6月14日(火曜日)
午前10時から12時
2011年6月25日(土曜日)
ところ つながれっとNAGOYA セミナールーム1
国の基本計画との関連 第11分野:男女共同参画を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実
名古屋市基本計画との関連 目標2:男女平等・男女の自立のための意識改革
地域・家庭における男女平等教育の推進
コーディネーター 眦舁拡子


中間報告に引き続き、第3回から成果発表までの報告をします。

第3回からは、いよいよ発表に向けた練習が始まりました。講師の早川けいさんが、「愛」をテーマに選んだいくつかの詩から、自分の好きな詩、自分が読みたい詩にエントリーします。「詩の読み方」の基本的なレクチャーを受けた後、実際に声を出してみました。最初は声を出すだけで精一杯だったのが、読み方に感情が込もり、情景の浮かぶ行間のとり方がなされ、受講生の詩の朗読は、どんどんと進化を遂げ、人に伝える作品になっていきました。


第4回は、発表に向けての練習に加え、講座を受けての感想を、お一人おひとり聞きました。それぞれの動機があって、この講座を受講したみなさん。さまざまな思いを、自分の言葉で語ってくださいました。好きでなかった自分の声を好きになるきっかけになった人。言葉のすばらしさを芸術だと感じた人。この学びを実践の場で活かしていこうと思った人。早川さんからは、「自分のいいところ、長所を認めて伸ばす。そうすると、悪いところは、自然と消えていく。」そんなあたたかい言葉をいただきました。また、縁あってこの場に会した受講生のみなさんが、自分を語り、お互いを知ることで、発表をいう目標に向かって、思いがひとつになったようでした。


最終日。リハーサルを含めた練習は、発表前にも関わらず、リラックスなムード。楽しく和気あいあいと、時には意見を出し合いながら、進行していきました。
そして、いよいよ発表。以下は、発表を終えた受講生の感想です。


・一つ一つの言葉の大切さや美しさを感ずることが出来て、とてもいい経験になりました。
・はずかしさを捨てるのは難しいですが、やってよかったと思います。自分を表現することをもっと考えていきたいと思います。
・楽しくできました。声を出すのは、とても気持ちがよいです。


みなさんの言うとおり、一つ一つの言葉を大事にすれば伝わります。自分の思いだけで話すのではなく、相手にわかりやすく話すこと。これはコミュニケーションの基本です。自己表現の基本は、自分を好きになって自信を持つこと。この講座は、ただ、知識としての朗読だけではなく、人として大切なことを体感する学びがあったと思います。また、今後につながる可能性を見出すこともできました。ぜひ、実践に役立てたいものです。
(眦舁拡子)

| tsunagaletclb | 「声からはじまる、自己表現−「つながれっとまつり」のステージに向けて−」 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE