つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 感想:つながれっとシアター&交流会「わたしのニキ」 | main | 写真:講演会「DVの視点から見る女性の貧困の現状」 >>
報告:つながれっとシアター&交流会「わたしのニキ」
タイトル つながれっとシアター&交流会「わたしのニキ」
と き 2011年10月1日(土曜日)午後1時30分から4時
ところ つながれっとNAGOYA 交流ラウンジ
国の基本計画との関連 第11分野:男女共同参画を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実
第13分野:メディアのおける男女共同参画の推進
名古屋市基本計画との関連 目標1:男女の人権の尊重
メディアにおける男女の人権の尊重
目標2:男女平等・男女の自立のための意識改革
Ω把蠹性別役割分担意識の解消に向けた啓発・相談
コーディネーター 高島由美子


10月1日(土)つながれっとシアター&交流会「わたしのニキ」を開催しました。秋晴れのさわやかな日に、多くの方のご参加をいただきました。

「わたしのニキ」はフランスの女性造形作家ニキ・ド・サンファルの作品を所蔵するニキ美術館と、初代館長の増田静江さんのドキュメンタリー映画です。
年代を追って映し出されるニキの作品には、ニキの悲しみや苦悩そして自己回復、愛など、ニキの人生そのものが表現されています。また、ニキの作品と運命的な出会いをした増田さんが、どのような思いで那須にニキ美術館を建てたのか、ニキの作品やニキ本人との交流を通して、どのように心を解放し、前進するチカラを得ていったのかなどが、増田さん本人から語られています。

何か(誰か)との出会いが、その後の人生に大きな影響を与えることは、多かれ少なかれ、だれにでもあるものです。そんな自分への投影の思いもあってか、参加者は、食い入るように映像を見つめていました。

上映会終了後は、5〜6人のグループに分かれて、お茶をいただきながら、感想など自由に話し合っていただきました。話は最初から盛り上がり、尽きることがありませんでした。そしてニキ美術館が閉館した今、ニキの作品がどのような場所で見られるかなどの情報交換をし、交流会を終えました。

那須高原の美しい景色、風の音や川のせせらぎ、新緑や四季の花々など、自然の姿に癒され、ニキの作品にふれて芸術の秋を満喫し、増田さんの物語を聴いて、自分の人生とゆっくりと向き合うことのできた充実した1日でした。
(高島由美子)

| tsunagaletclb | つながれっとシアター&交流会「わたしのニキ」 | 23:00 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE