つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 講演会 感想:「労働ダンピング」 | main | イベント写真「いのち〜誕生をみつめて〜」 >>
講演会 報告:「労働ダンピング」
労働の市場化が進み、労働を「消費物件」として扱う傾向が社会にあふれている。
労働を商品化・モノ化して扱うことによって、雇用機会の保障(憲法27条1項)や
労働条件の最適基準の保護(憲法27条2項)が遵守されていない社会になってきている。

そうした社会背景をふまえ、弁護士であり『労働ダンピング』(岩波新書)の著者である、
中野麻美さんを講師としてお招きして講演会を開催した。

まず、中野さんのレジュメの一部を紹介する。

第1 格差社会

第2 非正規雇用化〜その質的転換

第3 格差を利用した正規雇用の買い叩き〜雇用の液状化

第4 非正規雇用化・雇用の買い叩きは産業と社会を衰退させる

第5 労働法制を読み解く座標軸

第6 市場原理主義と規制緩和に対する対抗軸

2時間にわたる講演は、「なるほどと思える理論」と
「身近にもある事例」がぎっしり詰まった内容であった。

非正規雇用と正規雇用のどちらもが、労働市場にあっては苦境に立たされていると話されたことが重要ポイントの一つ。

また、労働の場で公正に処遇されない場合や敵対関係がる職場では、フラストレーションにより生産性が低下しストレスの増大やハラスメントが横行する事実もあり、それ自体が企業の損失であると話されたことも重要ポイントであろう。

今後は、非正規雇用者の実態解明に向け、さらに一歩踏み込んだ家計調査を実施されるとのこと。

液状化してしまった雇用がカタチを整えて表れるのには、時間がかかる。

10代から60代までの参加者…それぞれが自らの問題として考える機会を得ることができた。
中野さんは、このような状況であっても「絶望」することなく「希望」から…最後にそうしめくくられた。

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに
労働ダンピング―雇用の多様化の果てに
中野麻美(著)
| tsunagaletclb | 講演会「労働ダンピング」 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE