つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< チャレンジ・フォーラム 感想:「社会人が大学の門をくぐる時。」 | main | 渋谷敦志 講演会・交流会 写真:「撮るなら心をこめて」 >>
チャレンジ・フォーラム 報告:「社会人が大学の門をくぐる時。」
チャレンジ・フォーラム「社会人が大学の門をくぐる時。」が、無事に終了しました。

つながれっとNAGOYA交流ラウンジには、70名ほどの方々が集まり、
エネルギーが満ち溢れていました。

コメンテーターの須藤先生から、大学にチャレンジする社会人(特に女性)に対して、
理論的なコメントをいただきながら、パネリストの発言が続きました。

★大学卒業後、仕事に就き自立を果たし、「美術とフランス語」をキーワードにさらにチャレンジする姿勢を持ち続けている竹内さん。

★姑(姑は大学ではなく仕事にいっていると思っているとのこと)の介護をしながら、ドクター・コースで日韓のグループホームの比較研究をする伊里さん。

★18歳で就職、50代で大学入学、大学・大学院と福祉をテーマに研究し、さらに一花咲かせるために自らNPO法人を立ち上げた内藤さん。

★18歳のときに断念した「大学入学」を果たし、その後、大学院も修了し、NPO法人で事務局長を担当する林さん。

★18歳で結婚、40代で大学に入学した後、専門職に就き、これからが「わたし」の時代の斉藤さん。

さて、これだけで終わらせるのはもったいない…と、本を創る企画も持ち上がっています。

会場では、参加者の方々とご一緒に…燃える時間を体験!

このテンションで、チャレンジの一歩を踏み出しましょう!

追記:本を創る企画に参画されたい場合は、下記までご連絡をいただければ幸いです。
sankaku@comet.ocn.ne.jp :NPO法人参画プラネット


本 須藤八千代さんの著書

母子寮と母子生活支援施設のあいだ―女性と子どもを支援するソーシャルワーク実践
母子寮と母子生活支援施設のあいだ―女性と子どもを支援するソーシャルワーク実践

相談の理論化と実践―相談の女性学から女性支援(エンパワーメント)へ
相談の理論化と実践―相談の女性学から女性支援(エンパワーメント)へ

私はソーシャルワーカー―福祉の現場で働く女性21人の仕事と生活
私はソーシャルワーカー―福祉の現場で働く女性21人の仕事と生活


ソーシャルワークの作業場―寿という街
ソーシャルワークの作業場―寿という街


| tsunagaletclb | チャレンジ・フォーラム「社会人が大学の門をくぐる時。」 | 23:46 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE