つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 広岡守穂講演会 感想:「明日がおもしろくなる子育て」 | main | 広岡守穂講演会 歓送迎文:「明日がおもしろくなる子育て」 >>
広岡守穂講演会 感想:「明日がおもしろくなる子育て」
 私は、結婚して4年目で夫と死別し、私の両親(2年後に父も他界)や友達に支えられながら子育てや自分の人生を送ってきました。子育てしながら自分が成長することに気づきつつも、子どもの成長に一喜一憂し、子どものトラブルではしんどい時もありました。経済的な心配はなかったものの、精神的には気丈にしていたのでしょう。結構ひとりで頑張ってきたのかもしれません。
 お話のなかで、「母親は、子育てが大変だから不安だったのではなく、自分育てを応援してもらえなかったから辛いんだ」という言葉は、わたしのモンモンとしていた気持ちに、明りを灯してくれました。今日の広岡さんの言葉は、私を慰め、優しい気持ちにしてくださったのです。
 「求めている人に思ってもらい、見つめ合ったり求め合ったりして対等な関係であること」は、女性の誰もが思っていることです。そして、地域(つながれっとNAGOYAも含め)では「母親の自分育てを応援する」ビジョンを持つことが必要だと言われたことは、力強い言葉だと思います。
 中学1年生の娘がいますが、クラスの友人関係の話を聞くと、子どもたちのぎこちない友人関係のしんどさが伝わってきます。「思春期だから仕方ないよ」という説明では納得できない事柄があります。広岡さんが感じる今の子育て(自分の子どもしか見ない親)のおかしさと、母親への自分育てが応援しきれていない社会状況の中で育ってきた子どもたちの現象なのかもしれません。
 さあ、明日から「おもしろくなる子育て」になるよう、母親たちの自分育ての応援をしていきましょう。将来を担う子どもたちも変わってくるような気がします。(明石雅世)
| tsunagaletclb | 広岡守穂講演会「明日がおもしろくなる子育て」 | 21:45 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE