つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< フォーラム 感想:「ZEROから見つめる市民と行政と社会」 | main | 山本敏晴映像上映&ブックトーク 写真:「地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル」 >>
まちづくりフォーラム 報告:「ZEROから見つめる市民と行政と社会」
名古屋市男女平等参画推進センター つながれっとNAGOYAでは、昨日、指定管理者事業として、「まちづくりフォーラム ZEROから見つめる市民と行政と社会」が開催されました。

この事業は、名古屋市の男女平等参画プラン「プランなごや21」が目標としてかかげている「意思決定過程への女性の参画」に基づき、市民が意思決定の場にどのように関わるかについて考えることを目的としました。

参加者は、90名。センターを初めてたずねてくださった方々も多かったようです。

はじめに…パネリストの方々(村尾信尚氏、石田芳弘氏、十枝真弓氏、池田桂子氏)が、次の共通課題について、自らの体験を基に語りました。

仝什澆痢峭埓」「行政機関」が陥っている問題点は何かという認識
△修慮彊についての見方
2革の方向とその手段
い修硫革に向けて、一市民として何をすべきだと考えるか。

つぎに…モデレーターの澤 昭裕氏が、パネリストからの発言をふまえて議論展開。

最後に…参加者から提出された「意見メモ」、会場からの「発言」でディスカッションへ。

今回のフォーラムのキーワードは、「当事者性をもった市民」!

一人ひとりが「当事者性をもった市民」となって社会構築のアクターとなり、第一歩を踏み出すこと!

フォーラムをきっかけとした第一歩。新たな動きとなる予感がしています。
(渋谷典子)

無名戦士たちの行政改革―WHY NOTの風
無名戦士たちの行政改革―WHY NOTの風
| tsunagaletclb | フォーラム「ZEROから見つめる市民と行政と社会」 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE