つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 『男女共同参画統計』ワークショップ 報告:「データが拓く調査と研究」 | main | 女性のためのブックトーク 感想:「女の遺言〜わたしの人生を書く」 >>
『男女共同参画統計』ワークショップ 報告:「データが拓く調査と研究」
3月15日(土)『男女共同参画統計』を使ったワークショップ「データが拓く調査と研究」を
国立女性教育会館(以下ヌエック)と共催で開催しました。

今回は、ずばり男女共同参画がテーマです。
男女共同参画に関心の高い方々からお申込みをいただき、40名近い参加がありました。
実は、当初の予想を上回るお申込みをいただき、定員枠を広げてもなお、お断りをしなければならないほどでした。市民の皆様の関心の高さにうれしい思いです。締め切ったあとにある新聞社がご紹介くださり、お申込みくださったのに参加できなかった方から「案内があるのに締め切るとはどういうことか」とお叱りもうけました。残念ながらご参加いただけなかった皆様には、申し訳ありませんでした。

さて、ワークショップの内容は・・・、

6つのグループに分かれて、まずは講師の高橋由紀さん(ヌエック)から、「男女共同参画統計とはどういうものか」、「男女共同参画統計の国際的な展開」と「統計使用上の留意点」のお話を聞きました。

そしていよいよ作業タイム。同じ統計データを使って、グループごとにディスカッションし、統計を読み込み、それぞれの観点でグラフや表を作りました。
どのグループもまったく同じデータをつかっているのに、出来上がったものは、見事に違うものでした。この作業を通じて、参加者は、統計も作る人によって表されるものがまったく違ってくることを実感したことと思います。だからこそ、データ・リテラシーが必要となってくるのでしょう。

さて、できあがった各グループの成果物は、ローテーション発表という方法で、参加者全員が発表者となる形式で行われました。一番盛り上がった場面でした。

最後に、ヌエック・情報課の森未知さんから、ヌエックのデータベースが集められている女性情報ポータル「ウィネット」の利用方法を教えていただき、3時間休憩なしという長丁場ながら、だれもが「短い」と感じたワークショップが終了しました。

ヌエックのデータベースは、本当にたくさんの情報を備えていて、学習や研究、施策立案の基礎資料として大いに活用できるものです。しかも、作表も簡単!
高橋さんは言いました。「ヌエックのデータベースを使えば、今日皆さんに手作業でやってもらった作表などは、数分でできるでしょう。でも、データベースの使い方だけを説明するよりも、こうして時間をかけて作業をした方が、みなさんに数字や統計を身近に感じてもらいやすいのです」なるほどと、うなづく参加者が多くいたことでしょう。今日のワークショップのオチが最後にわかりました。

帰り際、参加者の方々から「レベルの高いワークショップでした」「おもしろかった」「ぜひ、連続講座で」と再企画の熱烈なご要望をいただきました。「『男女共同参画』では、人が集まらない」と、いわれていますが、今日の熱気を見ていたら、なかなかどうして。正統派も健在です。
(伊藤静香)

男女共同参画統計データブック―日本の女性と男性〈2006〉
男女共同参画統計データブック―日本の女性と男性〈2006〉
国立女性教育会館

男女共同参画統計データブック―日本の女性と男性〈2003〉
男女共同参画統計データブック―日本の女性と男性〈2003〉
国立女性教育会館
| tsunagaletclb | 『男女共同参画統計』ワークショップ「データが拓く調査と研究」 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE