つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< エコクラフト講座「もったいないを家庭から」 | main | エコクラフト講座 報告:「もったいないを家庭から」 >>
エコクラフト講座 経過報告:「もったいないを家庭から」
5月8日(木)にはじまったエコクラフト〜もったいないを家庭から〜の経過報告です!

多崎恵美子さんを講師にお迎えして行う講座「エコクラフト〜もったいないを家庭から〜」の第3回目が終了しました。第1回には、布ぞうりと作務衣、それぞれに作りたいものにわかれて、先生に教わりながら作業を進めました。

「ここはどのくらい切ったらよいのですか?」の受講者さんからの質問に、
「あなたが使いやすいようにしたらいいのよ〜」と多崎さん。
この会話に象徴されるように、この講座では、『ここを何センチ縫う』といったマニュアルはありません。モノを捨てないで長く使うエコ生活を実践するために、おうちに使わないで残っているものを、いかに自分仕様に作り変えるかという講座なのです。

受講者のみなさんが持ち寄った材料を見て、多崎さんのアドバイスが始まります。
「あなたはどんな時にこれを着たいの?」
「外出着にしたいです。」
「だったら、ここをこんなふうにしたらどう?こんな感じにもできるわよ。」
瞬時にアイデアがあふれ出し、制作者の思いに多崎さんのエッセンスが加わり、素敵なモノができそうな予感。ご自分で作ったモノには愛着もわき、さらに長く使っていかれることでしょう。

ご家庭に持ち帰って夢中で作業されたのでしょう。第2回には、前回より完成度の増した布ぞうりや作務衣を、みなさんが持っていらっしゃいました。お互いに作り方を教えあったり、工夫したところを伝えあったり、受講者同士の会話も進み、とても楽しげな雰囲気です。

また、毎回講座の初めには、最近の環境問題のトピックスを取り上げたり、ご自分で実践されていることをお話くださったりして、生活者の視点で取り組むべきことを、多崎さんが、わかりやすく指南してくださいます。

第3回には、参加者のみなさんの自己紹介の時間が設けられると、各々のエコ生活を語る場となり、この講座をきっかけに、確実に「もったいないの輪」が広がっていると感じました。

さて、第4回はどんな回になるのでしょうか?6月28日のつながれっとまつりでは、発表交流会も予定されています。今後の展開が楽しみです。
眦舁拡子
| tsunagaletclb | エコクラフト講座「もったいないを家庭から」 | 10:40 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE