つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 子育て応援!夏の学校 写真:「情報学校」 | main | 子育て応援!夏の学校 報告:「情報学校」 >>
子育て応援!夏の学校 感想:「情報学校」
夏の学校・情報学校へ参加しました。
ブログやmixi(ミクシィ)、私にとってはもう聞き慣れた言葉だったけれど、イヤイヤまだまだ知らないことがあるはず、と思っての参加。案の定、「へぇ〜!」「そうか!」の連続でした。すでにmixiは3年近く書いていた私ですが、それは私の「知人に見せる前提日記」。遠く離れた友人へ「私の現況」を伝えているものです。
 それプラス、この情報学校では「そうか、こんなつながり方があったのか!」という発見がありました。出会ったことのない人と、「話題」を通じてつながっていくということ。それによって「輪」を広げていくということ。そして、そこから情報を得られるということ。
出会ったことがないからこそ生じる問題もあります。どうやって相手を知るのか。自分は何を発信するのか。何を発信しない方が良いのか。どうやって自分を守るのか。それまで、出会ったことのない人とネットでやりとりをするのが苦手だった自分。この講座へ参加して学ぶことで、そんな気持ちが少しほぐれたように思います。
現在、続けてきたmixiと講座で作成したヤフーブログの両方を「使い分けて」更新しています。そして、興味のあるコミュニティへの参加を増やしています。「どこに境界線を設けるのか。」それを自分自身で決めて発信することで、人とのつながりや情報収集もバラエティ豊かになるのですね。

 講座終了後の「昼食交流会」。「共に食べる」と言うことは、こんなにも人と人をつなげる力になるのか!と実感しました。また、作ってくださる方々のお話を聞くこともでき、「食にこだわる」ということの大切さも学びました。「食の安全・危険」に関する情報が多く流れている今、特に小さな子どもを育てている方々へは興味深い内容だったのではないでしょうか。それにしても、私の生活では「食へのこだわり」が遠い所にある存在だったのだ、と痛感しました。

講座終了後も、希望者がmixiでつながっています。情報学校という枠から飛び出し、表現学校や交流学校受講者へもつながりは広がっていて、その中で新しい企画が飛び出したり、催されたりしています。人が出会って、つながっていくことでパワーが膨らんでいくのを実感!
講座終了後から時を経て、現在はだれでも参加できるコミュニティになっています。「夏の学校(つながれっとなごや)」コミュニティ@ mixi。これからも注目です!
米山 和恵
| tsunagaletclb | 子育て応援!夏の学校「情報学校」 | 22:00 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE