つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 写真:女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 | main | 感想:女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 >>
感想:女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」
 私がこの講座に参加した動機は、ほんとに軽くて「参加してみない?」と声をかけられたことと、護身術ができたらかっこいいなと思ったことだった。でも参加してみると今までたくさんの講座に参加してきた中のベスト3に入る自分への影響の大きな講座になった。
 今までの人生の中で、自分を守るのは警察とか他の誰かとなんとなく考えていた自分がいたが、この講座を受けて自分を守るのは自分自身しかいないということを再確認できた。護身術は、相手に勝つことが目的ではなくて逃げることが目的ということもわたしにとってはびっくりした。なんとなくイメージは、柔道の一本投げのような感じで相手を打ち負かすイメージだったからだ。
 講座の中では、具体的に呼吸法やウエンド−の実技を実際に体験し、どのような場面でどんな技を使うか講習を受けたが、それも万能の特効薬ではないとのことだった。でも、この講座を受けることで受講前の自分とは180度身を守る意識の違う自分が、今存在できている。そして、一番大切なことは、自分自身を大切にできない人は自分の事を守れないということだと思った。護身術は護「心」術であることを強く強く感じた。
 講座の最後に、円陣を組み英語で「あなたのボスは誰?」の問いかけに「アイ・アム!」と全員で言ったとき、熱いものがこみ上げるのを感じた。そして、参加している人一人一人が参加する前とはぜんぜん違う気持ちになっていることが感じられた。「天災は忘れた頃にやってくる」というけれど、「備えあれば憂いなし」学んだことをいつでも活かせる自分でいたい。そして、守るべき自分を大切にしていきたいと思った一日だった。
(奥本 晃子)     
| tsunagaletclb | 女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 | 21:50 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE