つながれっとクラブ・イベントジャーナル

「つながれっとクラブ」は、名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)指定管理者 NPO法人参画プラネットが運営しています。
つながれっとNAGOYAで毎月開催される指定管理者 NPO法人参画プラネット主催のイベントの様子をみなさんにお届けいたします!
(当サイト中、意見にわたる部分については筆者の個人的意見であって、参画プラネットの見解を表明したものではありません)
<< 感想:女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 | main | 報告:女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 >>
女性のための護身術 講師からのメッセージ
結晶講師の方からメッセージが届きました。結晶

昨年、エイボン助成金を得て、名古屋市女性センターで初めてのWen-Doワークショップを開催しました。
そのご縁で引き続き今年も、新たに講演会&ワークショップという形式で開催できたことを嬉しく思っています。
この企画にはフェミニストカウンセリングなごやのご協力もいただき、
熱意あるスタッフに支えられて実現できました。本当に感謝です。
今回は、私にとっても初めての講演会です。
ワークショップは安全のために定員が20名と限定されています。
一人でも多くの女性に自分の身を守る方法があるということ伝えたいと思い、
講演会という形式にしました。

講演会というと、演台で講師が一方的に話をすることになります。
2時間一人で一方的に話をするのは、正直苦手です。
講演会の中でも何か体験できることをやりたいと思い、デモンストレーションを交え、
大勢でもできる暴力に遭ったときにパニックにならずに自分を落ち着かせる呼吸法、
身を守るための行動を起すために気合を入れる呼吸法、
大声の出し方、手をつかまれたときのはずし方など、その場で参加者にも実技練習してもらいました。
体験したことは、身体のどこかに残ります。
Wen-Doの醍醐味というのは、理屈抜きで自分の持っている力を実感できることです。
子どもや女性が暴力被害者になるのは、なぜか?私たち自身が弱いと思わされているからです。
暴力に対して怒りを感じることも強さですし、自分の恐怖を受け止めることができるのも強さです。
いざというときに自分には何かができると思えることも強さ、あきらめないことも強さであり、
自分の直感を信じることも強さです。
暴力が起きる状況は千差万別です。そのときの自分にできる最善策を知っているのは当事者です。
暴力という理不尽な行為にたいして、どう対処したらよいのか、
自分で選ぶことができるのだという話を通常のワークショップより、
長い時間を使って講演会で話をすることができました。
午後のワークショップは、そのお陰で通常の2時間の内容よりも多くの実技を提供できました。
たった、2時間で全部の技を覚えようなどと思わなくてよいのです。
好きな動きを一つ持っているだけで、いざというときにはこれを使って自分を守るという気迫で、
被害に遭いにくくなるということがあります。
最善の護身術は護身術を使わないでいられる状態に身を置く事です。

名古屋でWen-Doに参加していただいた方が、一人でも多くの女性たちに
自分を守る方法があるのだということを伝えていただければ嬉しいかぎりです。
それが地域の防犯意識を高めるための貢献になるでしょう。
ワークの前と後の女性たちの表情の変化。これがWen-Do効果です。
私自身が名古屋の女性たちの力強さにエネルギーをもらいました。
エネルギーは相互に還流するのです。
名古屋の女性たちにブラボー!
| tsunagaletclb | 女性のための護身術/2008「Wen-Do講演会&ワークショップ」 | 22:30 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE